出張

頻繁に出張に行く僕がオススメするスーツケースの選び方!

こんにちは。ヨフです

皆さん、旅行や出張に持っていくスーツケースやカバン…悩みますよねー

 

ヨフは、今でこそ国内外そこら中に出張に行きますが、初めての出張の時は必死で調べましたね…

 

実はスーツケースの選び方のポイントは

  • 行き先(国内?海外?)
  • 期間(二泊三日?一ヶ月?)
  • 目的(出張?旅行?)
  • 身体の大きさ(男性?女性?)

 

などの要素で決めます!

高けりゃ良いというものでもなく

「せっかく張り切って高いスーツケース買ったのにすぐ壊れた!!」

 

なんて話はよくある話です

 

では実際に選び方を見ていこう!

 

大きさを選ぶポイント!

 

勿論人によって荷物の量は違うので、ここで紹介するのは判断基準と目安ですよ!!

 

出張期間

スーツケースの大きさを決める上で一番大きな要因はこれ!

期間 サイズ 容量
1泊~3泊 S ~39L
3泊~5泊 M 40~69L
5泊~10泊 L 70~89L
10泊~ LL 90L~

3~5泊以上となってくると、どうしても行き先で洗濯をすることになります。
つまり衣類の量はそれほど大きくは変わらないのです

上の表を基準に、下の内容をふまえて自分にあったサイズを決めましょう!

目的地の気温

目的地が暑ければ半袖半ズボンと服は軽量ですが、
寒ければ寒いほど衣類の荷物はかさばります。

 

目的地の気温を調べて、必要に応じてサイズを決めましょう!

目的や目的地

あなたの目的は旅行ですか?仕事ですか?

私服は当然必要だと思いますが、仕事で行くならスーツが必要になったり、

作業着が必要になったりするかと思います

 

あとは海外か国内か。でも変わってきます

国内ならホテルの設備が整っていて、なくても買うことができる場合が多いです。

しかし海外となるとそうはいきません。

なので目的地が海外の場合持っていかないといけないものが増えます

性別や身体の大きさ

言うまでもないこと!

だからこそ忘れやすい自分の体の大きさ

小柄な女性と大柄な男性では、もちろん衣類の大きさが変わってきます。

また、オシャレをする女性ならなおさら荷物は増えるのではないでしょうか!?

 

オススメの材質は?

 

スーツケースには、布生地で出来たソフトタイプのものと、ハードタイプのものがあります

それぞれ好みもあるでしょうが、今回はそれぞれのメリット・デメリットを解説します

それぞれのメリット・デメリット

ハードタイプ

日本ではこちらのほうがメジャーなのではないでしょうか

メリット

  • 頑丈で、衝撃からスーツケースの中身を守ってくれる
  • 外側が硬いため、ナイフなどでも空けられないのでセキュリティ面がいい
  • 濡れても浸水しない

デメリット

  • ソフトタイプのものと比べると重い
  • 中の物を取り出すためには倒して全開にしなければならないため不便
  • 外側が硬いため割れやすく、凹むと目立つ

 

ソフトタイプ

メリット

  • スーツケースを立てたまま中の物を取り出せるため便利
  • 軽いものが多く、取り回しが容易

デメリット

  • 外からの衝撃が内部に伝わりやすく、中の物が壊れやすい
  • 雨に降られたりすると、中の物が濡れる可能性があり、スーツケースも乾くのに時間がかかる
  • ナイフなどで容易に破壊できるため、セキュリティ面が弱い

 

つまり使い分けが大事

僕のオススメは、海外に行くならハードタイプ

国内ならソフトタイプです

海外でハードケースをオススメする理由

海外ではセキュリティ面が欲しくなるのはわかりますよね?

それに加えて海外の荷物の扱いはひどいもので、キャリーケースは頻繁にぶん投げられます(笑)

なので、かなりの衝撃が加わり、中のものが破損しやすいのでハードタイプの方がいいのです

 

また、日本と違って、海外で荷物をホテルに送るのはハードルが高いです。つまり最初の行き先はホテルであることが多いので、途中で開けたりしないことが多い!

あと、国によってはスーツケースに勝手にチョークでバツマークを書いてきたりします。

ソフトタイプに書かれると染み付いてしまって綺麗に落とせまん

 

国内でソフトケースをオススメする理由

国内ではスーツケースはそんなに乱雑に扱われることはありません。

なので、耐久性よりも利便性を兼ね備えたソフトタイプがオススメです!

また、突然の雨に対しても、日本ならなんとかなる場合が多く、そこまで気にしなくてもいいと思います。

 

セキュリティ面に関しても、日本ならそこまで敏感にならなくても大丈夫ですしょう!!

値段はどれくらいのが良いの?

これは僕の海外でのキャリーケース破損経験などをふまえた上での意見です

 

海外で使用するなら、譲れないポイント(外観など)をクリアしていれば、安いもので大丈夫です

 

上にも書いた通り、海外空港でのキャリーケースの扱いはひどいところが多いです。
値段の高いものは静かだったり、軽量化されていたりしますが、
その分薄く、細い事が多く、投げられると簡単にキャスターがなくなったりします。
「せっかく高いスーツケースを買ったのにすぐ壊れた!」なんて話があるのはこのためです

 

国内で使用するなら自分が満足するものを買いましょう

 

国内では道路が舗装されていたり、
空港で荷物を大切に扱ってくれたりと、
よっぽどのことがない限りスーツケースはそうそう壊れません。
スーツケースは壊れないかぎり長く使うものです!
後悔しないようにそれなりのものを買いましょう

 

その他注意点

【TSA】のキーは必要?

 

「アメリカで使用するなら、【TSA】マークのついたものにしろ!」

 

というのを見かけます

ですが実際のところ、どの鍵にせよ、

アメリカの空港で検査対象になれば壊して開けられることが殆ど!

なので鍵は気にしなくて良いです

 

因みに鍵を壊して開けることはアメリカでは合法なので、文句は言えないのです…

 

2輪と4輪のタイヤ、どっちがいい?

これは4輪一択!
取り回しがよく小回りが利く上、
万が一キャスターが壊れてもなんとか使えます(笑)

 

まとめ

今回は、スーツケースの選び方について書きましたが、
上に書いたのは判断材料の一つです。
決して安い買い物ではありません。
よく悩んで、アナタにあったスーツケースを探してください!!

 

またねっ!