初心者向け解説

【自作PC】SSDとは?種類と特徴、HDDとの違いを解説!

こんにちは。ヨフです

僕は自作PCの製作をおすすめしていますが、パソコンは多くのパーツで構成されています。

今回は、その中の「SSD」について解説します!

SSDとは?SSDの役割について!

SSDとはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略です。HDD(ハードディスクドライブ)と同様に、OSやアプリケーション、画像や動画ファイルなどのデータを保存しておくための記憶媒体です。

パソコン内での担当する機能はHDDのと同じため、下の記事からご覧ください。

【自作PC】HDDとは?実は寿命がある!?読み書きの仕組みやスペックの見方を解説!こんにちは。ヨフです 僕は、自作PCの製作をおすすめしていますが、パソコンは多くのパーツで構成されています。 今回は、そのな...

SSDはHDDに変わる記憶装置と言われていて、近年SSDの大容量化に伴いその勢いは増してきています。しかし、HDDをSSDにすることは何もメリットだけでは無いのです!

SSDの仕組みと特徴!HDDとの違いは?

HDDの内部

HDDは、プラッターというディスクに磁気ヘッドを近づけることでデータの読み書きをしています。なので電気的動作に加え、機械的動作が入るのが特徴です。

SSDの内部

SSDはNAND型フラッシュメモリーという半導体を搭載した記憶装置です。そのため、機械的な動作がなく、HDDはよりはるかに高速なデータの読み書きが可能となっているのです!

NAND型フラッシュメモリーとは?

「SDカード」や「USB」メモリーにも使用される【不揮発性メモリー】の一つです。不揮発性メモリとは、電源を切ってもデータを保持し続けてくれるメモリーのこと。

NAND型フラッシュメモリーは、「上書き」動作が行えなかったり、書き込みや消去は速いが「バイト」単位の書き換え動作自体は不得意だったり特徴は多くあります。

SSDのメリット・デメリット!高速で動くSSDのデメリットとは!?

一般的に、SSDはHDDと比べ、パソコンが明らかに高速で動くようになるため、HDDの完全上位互換だと思われています。しかし、どんなものでもデメリットはあるものです。

これから、SSDのメリットとデメリットについて解説します!

SSDのメリット

主なSSDのメリットは下記4点です。

  • データへのアクセス速度(読み書きの速度)が高速
  • 衝撃に強い
  • 静音性が高い(無音)
  • 消費電力が少ない
  • 軽い

これらのメリットは、ある決定的HDDとの違いから生み出されています。それは「機械的動作(構造)がない」ということです。

上記4点についてそれぞれ解説します

データへのアクセス速度が高速

「SSDの特徴」でも少し書きましたが、モーターなどの機械的動作がなく、高速な電気的動作のみで動くSSDは非常に高速で動作します。

電気のスピードがピンとこない方は、静電気を想像してみて下さい。とんでもなく速いですよね?

衝撃に強い

機械の稼働する部分というのは脆い(弱い)ものです。HDDは部品同士の距離が近いため、少しの衝撃で接触、破損しやすいです。

それに比べ、SSDは基板が入っているだけなので、基板や電子部品を破壊する勢いの衝撃を与えない限り壊れません。

静音性が高い(無音)

HDDは色々な音がします。プラッターの回転音だったり、磁気ヘッドのアーム用モーターの駆動音だったり…。しかしSSDには機械的駆動部がないので、音が出る部分がありません。無音なのです。

消費電力が少ない

ここまでこればもう分かりますよね?そう、快適に動く部分がない分消費電力が少なくて済むのです。また、消費電力が少ないため発熱しにくいのもメリットになります。

ノートパソコンの場合、バッテリーが長持ちするので嬉しいですね!

SSDのデメリット(改善されたものも紹介)

静かで消費電力。なのに高速で動作するSSD。そんなSSDのデメリットはなんでしょうか?

  • 容量あたりの値段が高い

まだ残っているデメリットはこれくらいです。発売当初は多くのデメリットがありましたが、技術の進歩によりどんどん解消されていっています。

古い情報を掲載しているサイトもあるので注意しましょう。

「発売当初」のSSDのデメリットをいくつか紹介

  • データの書き込みや回数が決まっていて、寿命がある
  • 長期間放っておくとデータが消える危険性がある
  • HDDに比べ容量が少ない

容量あたりの値段が高い

現在のSSDにおいて、最大のデメリットは「値段が高い」です。現在、容量1TBのHDDは5000円もしない値段で購入することができます。それに比べ、容量1TBのSSDを購入しようとすると安いものでも15,000円以上します。

やはり3倍以上の値段差は大きく、値段を見て購入をためらっている方も多いのではないでしょうか。

SSDの種類【インターフェース規格の種類について】

SSDにはデスクトップパソコンで主流な規格や、ノートパソコンで主流な規格など複数の規格があります。

S-ATA3.0(2.5インチ型SSD)

もっともオーソドックスな規格がS-ATAです。現在はS-ATA3.0が主流で、「6GB/s」という転送速度を誇ります。

S-ATA規格のSSDは2.5インチサイズで設計されており、このサイズはデスクトップパソコン、ノートパソコン両方に搭載可能です。

(デスクトップパソコンは3.5インチベイを2.5インチに変換するマウンタが必要ですが、付属されていることが多いです)

昔のHDDを搭載したノートパソコンに換装して、高速化させるのもいいですね!

mSATA SSD

mSATAとは【mini S-ATA】の略で、文字通りSATA端子の小型版です。

S-ATAとの一番大きな違いは「配線しなくてもいいこと」です。基板に直接差し込んで使用するため配線が不要で、電源も同時に給電されます。

mSATA SSDは、薄いカードの様な見た目が特徴。軽量かつコンパクトで、モバイルノートパソコンなどに使用されています。

Mini PCI Expressスロットと同じ形状ですが、信号が異なるため、マザーボード購入時はmSATAに対応しているスロットかは要確認です。

M.2(最新の規格で、これから伸びていくであろう規格)

M.2(正式名称はNGFF「Next Generation Form Factor」)はmSATAの後継機種でありながら、圧倒的性能を持つ規格です。

まず、転送方式に大きな違いがあります。mSATAがS-ATA3.0なのに対して、M.2は接続機器に柔軟に対応!S-ATAはもちろんのこと、PCI Expressにも対応できるんです!

そのため、従来の規格のS-ATAが[6GB/s]のところ、M.2は最大[32GB/s]とS-ATA規格のSSDを圧倒的に凌駕する転送速度を発揮します!

お値段は少し高くなりますが、デスクトップパソコンにもノートパソコンにも搭載可能で、これからのSSD業界を牽引する存在となるのではないでしょうか!?

SSDの種類【2.5インチSSDの7mmと9.5mmの違い】

SSDの商品説明欄に「7mm」や「9mm」といった表記がありますが、これはSSDの厚みを意味します。

殆どの場合はどちらでも問題なく「9mm」がよく使用されますが、一部の極薄ノートパソコンなどでは、7mmのものが使用されている場合があります。

HDDをSSDに換装する際、7mm用のノートパソコンの場合、9.5mmのSSDは物理的に入らないので注意しましょう。

まとめ:SSDは少し高いがPCが高速になるおすすめのパーツ

SSDに関して理解して頂けましたか?SSDに関して情報は古いものも多く、最近では気にしなくていいようなことが沢山書いてあります。

最近では値段が高いこと以外殆ど気にすることは無くなってきました。HDDをSSDに変えるだけパソコンがめちゃくちゃ高速になることもあります。正しい情報を身につけ、自分にあったものを買いましょう!

またねっ!