初心者向け解説

初心者向け!目的別おすすめパソコンメーカーとメーカーの選び方!!

こんにちは。ヨフです

パソコンって種類もメーカーも多いし、何を見て何を重視して買えばいいの!?

なんてお悩みではありませんか?

パソコンのスペックって読んでも意味わからないし…

数が多すぎて調べるのも面倒…

こんな人!多いと思います!!

そこで今回は、ノートパソコンから自作パソコンまで、色々触ってきた僕が、目的別におすすめのメーカーをご紹介!!アナタにピッタリのメーカーをおすすめします!

それぞれのメーカーに得手不得手があって、自分の使いたい分野が苦手なメーカーのパソコンを買ってしまうと間違いなく後悔しますよ!

ノートPCかデスクトップPCでまだ迷っている方はこちらを先に見てください!
これからの説明がより理解しやすくなります!

ノートPCとデスクトップPCのメリット・デメリット!おすすめを用途別に解説!こんにちは。ヨフです 皆さん!パソコンを買う時に、まず何から決めますか? スペックを優先する まずは大きさを決...

パソコン専用メーカー

パソコン専門なので、パソコン全般を得意とします

特に高スペックのものを買うならこのメーカーで買いましょう!

スペック快適性を求める方におすすめです

ドスパラ(Dospara)

言わずと知れた一大メーカーです

パソコン全般を扱っていますが、ビジネスモデルは少なめです

逆にゲーミングパソコンが圧倒的人気を誇っています

元々PCパーツを扱っている会社なので、カスタマイズ性に優れ、欲しいスペックがピンポイントで購入できます。

また、コスパも高めです

公式サイトはこちらから御覧ください!

パソコン工房

パソコンの専門なのでパソコン全般を扱っていますが、こちらも同じくゲーミングパソコンが人気

細かいカスタマイズは出来ないですが、それを豊富なラインナップでカバーしています

他のメーカーにはないパーツの組み合わせの商品も置いてあります

また、元々全体的に安い値段設定な上、セールが頻繁にあるので、パソコンを安く入手したい方におすすめ

 

公式サイトはこちらから御覧ください!パソコン工房

マウスコンピューター

最近CMで知名度が高くなり、力をつけてきている、今伸びているメーカー

こちらも全般的に多くのパソコンを扱っていますが、やはりゲーミングパソコンが有力商品です

コスパが高く、品質もいい、良くも悪くも尖っていないメーカーです。自分でパソコンをカスタムしたい人意外なら満足できると思います

デスクトップPC(mouse)公式サイトはこちらから御覧ください!

国内メーカー

パソコンをあまり知らない人でも知っているメーカーが多いです

NEC

国内一大メーカーのひとつ

ノートパソコンや一体型パソコンが多く、サポートも初心者向けに特化しています

音や映像等のAV機器にこだわったPCが多いです

ネットサーフィンなどの、一般使用目的での購入者におすすめできます

公式サイトはこちらから御覧ください!

富士通

スーパーコンピュータ「京」の開発に関わっていることで有名なメーカー

初心者向けのノートパソコン、一体型パソコンをメインに取り扱っています

しかし、【カスタムメイドモデル】というサービスも有り、HDDやメモリのサイズなど、簡易なカスタムが出来ます

お値段が少し張りますが、品質が高いのが特徴です

公式サイトはこちらから御覧ください!【富士通 WEB MART】 PCデビュー割

パナソニック(Panasonic)

主にビジネス向けのパソコンを扱っているメーカー

長時間駆動が可能なバッテリーを積んでいるのに超軽量なのが売りのメーカー

ビジネスモデルだけあって、セキュリティが強固にできています

逆にその他の機能は軽視されて作られているので個人の一般利用には向きません

そしてかなり高額です

公式サイトはこちらから御覧ください!

東芝(シャープの傘下入り)

国内老舗メーカーの一つです

薄型・軽量・省電力など、携帯性に特化したノートパソコンが多いのが特徴です

耐久性も定評がありますが、少し値段は高めです

※2018年10月にシャープの傘下に入りましたが、販売会社は【東芝ダイレクト】のままです

公式サイトはこちらから御覧ください!東芝ダイレクトトップページ

VAIO(ソニー)

パソコンのデザインがスタイリッシュで美しいのが印象なメーカー

元々SONYの事業でしたが、現在は【株式会社VAIO】として独立しています

元々【SONY】の事業だっただけあって、映像と音に関する性能が飛び抜けています

海外メーカー

世界的に有名なメーカーが多く、国産メーカーより比較的安価な場合が多いです

DELL

世界トップクラスのアメリカのPCメーカーです

コストパフォーマンスが抜群に高く、実用性を重視したメーカーです

ビジネスモデルの無骨なデザインのイメージが強いですが、最近はデザイン性に優れた製品も扱っています

BTOノートパソコンの中ではトップに君臨すると言ってもいいでしょう

BTOを扱っていることもあり、全体的に安価です

HP(ヒューレット・パッカード)

こちらも世界トップクラスのアメリカの会社です

デザイン性が強く非常に美しいデザインに仕上がっています

多くの種類のパソコンを扱っていて、シンプルで安価なものから、デザイン性に特化したものまで取り揃えています

また、プリンターなどの周辺機器も強いです
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Microsoft(マイクロソフト)

言わずと知れた超有名メーカーですね

OS(Windows)やOfficeのイメージが強いMicrosoftですが、パソコン業界にも手を出してきました

タブレットに取り外し可能なキーボードがついてノートパソコンになった様なデザインでトップクラスの薄型、軽量を実現しています

OSやOfficeソフトのメーカーなため、その手のトラブルは少ないのも特徴の一つです

しかし、値段は少し高めですね。公式サイトはこちらから御覧ください!surface_TOP

Apple(アップル)

こちらも日本で知らない人は居ないくらい有名なメーカーですね!

Appleのパソコンは少し特殊で、【Mac】というブランド化していて、用いられる言語や、周辺機器などが大きく違います。価格は非常に高いですが、そのブランド性は魅力的です

多くのメーカーが低価格帯の競争に入る中、独自の技術でこの値段を維持し続けている(この値段でも需要がある)メーカーでもあります

ASUS(エイスース)

台湾のメーカーです

マザーボードなど、パソコンのパーツを作ってるイメージですが、多少ながらPCも販売しています

【ネットブック】と呼ばれる最低限の機能だけを備えた超小型軽量化されたPCの先駆者として知られています。そのため、安価なモデルが多いです

ノートパソコンやタブレットを主流に扱っています

公式サイトはこちらから御覧ください!サイトTOP

Lenovo(レノボ)

Lenovoは2005年にIBMからのPC事業を買い取った、中国のPCメーカーで、主にビジネスモデルを主流に販売しています

耐久性やセキュリティ面に強いのが特徴で、中国メーカーなだけあって、非常に安価です

高性能なモデルはあまりなく、小型なタイプの製品が多いです

公式サイトはこちらから御覧ください!

国内メーカーと海外メーカーの違い

国内メーカーと海外メーカーでは、値段にそこそこ差が出ます(一部を除く)

国内メーカーに比べて海外メーカーの方が安いので「国内メーカー=壊れにくい」「海外メーカー=壊れやすい」なんてイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?

確かに昔はそうだったかも知れませんが、近年はそんなことは全くありません

では国内メーカーは高いだけか!?と言うと、そんなことはなく、ちゃんと高い理由があるのです!

国内メーカーの値段が高めな理由は安心のサポートと保証です

修理やサポートは日本のメーカーの方が親切丁寧に対応してもられることが多く、初心者には非常に助かります。また、サポートが故障だけではないのも日本製の良いところです

そもそもパソコンの基礎的な使い方が分からん!

そんな時国内メーカーなら、簡単な質問になら答えてくれる場合が多いです!ただ、電話が繋がらないことが多いのが欠点ですが…

海外メーカーのメリットはやっぱり低価格強いブランド力ですね

例えば、スペックに関係なくAppleの【Mac】に憧れる日本人は多いですよね?これもブランド力です

あと、安く抑えたい方はスペックを下げるか、海外メーカーの購入をおすすめします!

スペックに関しては、使っているパーツが同じなら性能も同じなので、違いはありません

パソコン専門メーカーがおすすめな人

パソコン専門メーカーは、高性能、カスタム性などが売りなので

  • ゲームをしたい(ゲーミングパソコンを買いたい)
  • 動画編集をしたい
  • パソコンの勉強がしたい(詳しくなりたい)
  • パソコンの知識を既に持っている
  • コスパに優れたものが欲しい

など、高性能なパソコンが必要な人や、パソコンの知識をつけたい人におすすめです

国内メーカーがいい人におすすめなメーカー

国内メーカーを選んだ人は、手厚いサポートを求める人ですね!

パソコンをほぼ触ったことがない人

そんなアナタには、購入時に【パソコンの使い方ガイドソフト】がついてくるこの2メーカーがおすすめ!

NEC

ノートパソコンや一体型パソコンが多く、サポートも初心者向けに特化しています

音や映像等のAV機器にこだわったPCが多いです

 

FUJITSU

ノートパソコン、一体型パソコンをメインに取り扱っています

【カスタムメイドモデル】というサービスで、簡易なカスタムが出来ます

音、映像に多少こだわりがある人

そんなアナタには、音と映像に定評があるこの2メーカーをおすすめ!

VAIO

元々SONYの事業でしたが、現在は【株式会社VAIO】として独立しています

元々【SONY】の事業だっただけあって、映像と音に関する性能が飛び抜けています

 

 

NEC

ノートパソコンや一体型パソコンが多く、サポートも初心者向けに特化しています

音や映像等のAV機器にこだわったPCが多いです

海外メーカーがいい人におすすめなメーカー

海外メーカーを選んだ人は、価格かブランドを求める人ですね!

海外のブランド力が魅力的な人

そんなアナタには世界トップクラスの2メーカーをおすすめ!

Apple(Mac)

価格は高いですが、圧倒的ブランド力を誇ります

スタバの窓際でMacをカタカタしたいアナタにおすすめします

Microsoft

こちらも世界トップクラスのメーカー

価格は高いですが、圧倒的ブランド力を誇ります

薄型、軽量ノートパソコンが売りです

安く抑えたい人

そんなアナタには、低価格が売りのこの2メーカーをおすすめ!

ASUS

【ネットブック】と呼ばれる最低限の機能だけを備えた超小型軽量化されたPCの先駆者として知られています

そのため、安価なモデルが多いです

ノートパソコンやタブレットを主流に扱っています

DELL

コストパフォーマンスが抜群に高く、実用性を重視したメーカーです

ビジネスモデルの無骨なデザインのイメージが強いですが、最近はデザイン性に優れた製品も扱っています

デザインを重視する人

そんなアナタにはデザインが美しいこの2メーカーをおすすめ!

HP

デザイン性が強く非常に美しいデザインに仕上がっています

多くの種類のパソコンを扱っていて、シンプルで安価なものから、デザイン性に特化したものまで取り揃えています

 

Apple(Mac)

このメーカーのデザインについては賛否両論あり、好みによるとしか言えません

個人的にデザインが好きなのでここにあげました

まとめ:メーカー選びは色々な要素が絡み合っている

一通り紹介してきましたが、ここに挙げたのはあくまで例です

上のメーカー紹介文でも少し書きましたが、メーカーによって、デスクトップPC製品だけに強い・逆にノートPC製品だけに強いというパターンもあります

デスクトップPCとノートPCの選び方はこちらの記事を参考にしてください

ノートPCとデスクトップPCのメリット・デメリット!おすすめを用途別に解説!こんにちは。ヨフです 皆さん!パソコンを買う時に、まず何から決めますか? スペックを優先する まずは大きさを決...

パソコンの購入は、決して安くない買い物です!しっかり調べて、後悔しないようにしましょう!

またねっ!