アウトドア

初心者でも簡単に大物が釣れる仕掛け!泳がせ釣りとは!?オススメの方法を紹介!

こんにちは。ヨフです

釣りをしているとやっぱり大物が釣りたくなりますよね!?

「船で沖まで出ないと釣れないんでしょ?」とか「どうせ初心者には無理だし…」とか考えている人!!

実は、初心者でも簡単大物釣れちゃう仕掛けがあるんです!!
その名も

泳がせ釣り
(別名:飲ませ釣り)

今回は、そんな泳がせ釣りのやり方や注意点釣れやすい方法などをご紹介します!

泳がせ釣りってどんな釣り?

泳がせ釣りはその名の通り、生きた小魚に針をつけて泳がせ、大物がかかるのを待つ!

そんな釣りです

この釣りの魅力はなんと言っても、手軽に大物を釣ることができることです!
浮きや竿先を見つめながら待つドキドキ感も大きな魅力の一つで、一度釣れたらやめられなくなります!

ヨフの中でもかなり大好きな釣りの一つです!

~仕掛け紹介~

サビキ釣りと同じで、一口に「泳がせ釣り」と言っても色々な仕掛けがあります!

それぞれの仕掛けのメリット・デメリットをご紹介します

エレベーター仕掛け

メリット

  • 魚(餌)の行動範囲を横方向に制限できるので、近くの釣り人の邪魔になりにくい
  • おもりを遠投すればするほど探索範囲が広がる

デメリット

  • 行動範囲が限られる(道糸からハリスの長さのみ)
  • 対象魚がかかった時、あわせ(フックアップさせる行為のこと)にくい

ウキ仕掛け

メリット

  • いま魚(餌)がどのあたりに居るかがわかる
  • タナ(深さ)を自分でコントロールできる

デメリット

  • 魚(餌)を沖の方へ送れない(送りづらい)ので、釣りたい魚が岸際に居ないと釣れない

魚に針をつけるだけの泳がせ釣り

メリット

  • 餌の魚が弱りづらい
  • 魚が一番自然な動きをする

デメリット

  • どこに行くか分からないので、周りに人がいるとおまつりする

泳がせに使うおすすめの小魚

泳がせ釣りには生きた小魚を使います
僕は今まで多くの魚で試してきました

  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • チャリコ(小さい真鯛)
  • スズメダイ
  • キンギョ …etc

色々な魚を使ってわかったことは餌にする魚には向き不向きがあるということです。

そこで今回は、泳がせ釣りに最適な魚を紹介しようと思います

1位 : アジ

はっきり言って、これより釣れる魚は無いですね

断トツです

「他の魚で釣れてなくて、サビキでアジが釣れたので泳がせの魚アジに変更したらすぐ釣れた!」という経験は何度もあります

2位 : サバ

アジが手に入らなかったときはサバを使いましょう!

ただし、夏限定です!

理由は簡単で、サバが成長して大きくなりすぎます

初夏~夏の20cmに満たないサイズのサバは、泳がせ釣りの餌としてはそこそこ優秀です

3位 : イワシ

イワシもよくるれる魚ではあるんですが、初心者には少し難しいです

イワシはすごく弱るのが早く、針につけるのに手間取ると、すぐ弱って死んでしまうんです

なので3位としました

釣れる魚

泳がせ釣りは、本当に色んな魚が釣れます!

ブリなどの青物は勿論、ヒラメやマゴチ等の底物、アオリイカなど、とにかく色々釣れます!
普段小魚を餌にしている魚は殆ど釣れる可能性があるというわけです!

夢がありますよね!?

泳がせ釣りをする時の注意点

簡単に大物が釣れる【泳がせ釣り】ですが、当然注意しないといけないこともあります!

竿の置き方

泳がせ釣りは、50cm以上のサイズの魚が結構釣れます

適当に竿を置いているとどうなるか…想像に容易いですよね?

そうです、竿が海に引きずり込まれます

「魚なんかにそんな力があるわけない」と思っている方も多いですが、割と簡単に持っていかれるので気をつけましょう

僕自身、竿が引きずり込まれそうになったことがあります

対策案

対策は2通りあります!

1つ目は単純で、竿を固定するです

最近の釣り場は柵が付いていることが多いので、それに立てかけて固定するといいでしょう
手拭き用のタオルや、ゴミ袋、身の回りのもので固定できますよ!

2つ目はリールのドラグを緩めるです

ドラグをゆるゆるにして、魚に引っ張られてもラインが出るようにしましょう
そうすれば竿に力が加わらないので引きずり込まれることはありません

周りへの配慮

泳がせ釣りは、常に生きている魚が付いているため、勝手にライン(釣り糸)が動きます
なので、かなり【おまつり】しやすいんです!

たまに、周りを全く気にせず釣りをしている方を見かけますが、はっきり言って迷惑です

みんなで譲り合って気持ち良く釣りしましょう!

対策案

魚の動きは人には分からないので、おまつりを0にすることは出来ませんが、確率を下げることはできます

まずは基本ですが、泳がせ釣り中は長時間目を離さないようにしましょう!

「魚が横に行きすぎたら一度回収して、もう一度投入する」このひと手間がとても大事です!魚が弱りますが、このひと手間を怠ると大変なことになります

2つ目はエレベーター仕掛けを使用する

上でも説明しましたが、エレベーター仕掛けは魚の横の動きをある程度制限できます
周りに釣り人がいる時は、エレベーター仕掛けを推奨します

より釣れやすくするためのポイント(釣り方)

魚をつけて放置するだけなので誰がやっても同じと思われがちですが、小さな気配りで大きく違ってくることがあります

餌は常に元気のいいものを!

弱っている方が食べられやすい気がする気持ちはわかります
でも意外なことに、餌が弱っていると目に見えて釣果が落ちるんです!

竿先に生命反応がなくなったら、一度回収して元気かどうかを確認!弱っている時は元気な魚と交換しましょう!

弱っているように見せる!

上で弱っている魚はあまり食べられないと書きましたが、おかしな動きをする元気な魚は対象魚の注意を引けるのです!

方法は簡単!「餌の魚のヒレを少し切る」こうすると上手く泳げなくなり、元気な状態で弱った魚を演出できます!

まとめ

泳がせ釣りは、初心者から上級者までみんなに好かれる仕掛けです!特に、初心者でも簡単に大物が釣れるので、是非チャレンジしてみてください!

みんながルールを守って楽しく釣りをしましょう!

泳がせ釣りの餌は、サビキ釣りで用意すると安く簡単に手に入ります!オススメのグッズややり方を解説しているので、下記記事を見てください!

【海釣り入門】子供から大人まで!初心者でも簡単に魚が釣れる仕掛けと釣り方!!こんにちは!ヨフです! 子供に釣りがしたいと言われて困っている! 釣りを始めたいけど、何から始めたらいいのか...

またねっ!