ガジェット

【LiberFlyer mono-Xレビュー】旅行や出張にピッタリ!ゴチャゴチャしたケーブルをおしゃれに収納できるおすすめガジェットポーチ!

mono-Xの紹介画像

どうもこんにちは、ガジェット好きのヨフ(@yohu_blog)です。

最近はスマホやワイヤレスイヤホンなど、生活に欠かせない存在となってきた電子機器。
でも、電子機器を使用するうえで切っても切れないのが「充電切れ」…。

ヨフ

あぁ!スマホの充電がない!

なんで経験ありませんか?…

でも、充電用のコンセントやケーブルを持ち運ぶと、今度はカバンのなかでぐちゃぐちゃになっていたり…

ヨフ

あれ?入れたはずの充電ケーブルがない…

なんてこともよくある話です。

そこでおすすめなのが、LiberFlyerの「mono-X」です。

「mono-X」 は、細かいポケットで小物をまとめられる上、大きな仕切りではマウスなどを整理できる優秀なガジェットポーチ。

コンパクトなのに大容量、しかもキレイに収納できます。

そこで本記事は、「【LiberFlyer mono-Xレビュー】旅行や出張にピッタリ!ゴチャゴチャしたケーブルを美しくするガジェットポーチ!」について書いていきます。

本記事は、「LiberFlyer」様から商品をご提供いただき作成しています。

LiberFlyer mono-Xの外観

LiberFlyer mono-Xは、大きいポケットと小さいポケット両方を兼ね備えた、汎用性の高いガジェットポーチです。

mono-Xの全面の画像

デザインは、表面に小さく「Liberflyer」のロゴが入っているのみで、それ以外は黒色。シンプル・スタイリッシュなデザインで、ビジネスシーンにも使えます。

mono-xのロゴの画像

裏側にはボタンで片側のみ取り外しが可能なベルトがあります。

mono-Xの後ろの画像
ヨフ

このベルトの使い方は未だに分かりません、、、

サイズは 約12.0 x 22.0 x 6.0 cmで、ビジネスカバンに入れてもかさばりません。

mono-Xとティッシュの箱のサイズ比較画像
ヨフ

ティッシュ箱と同じくらいの大きさ!

上部には取っ手がついていて、小さなポーチとして持ち運びにも便利です。

mono-Xのハンドルを持っている画像

LiberFlyer mono-Xの多彩なポケットの数

LiberFlyer mono-Xは、外側に1つ、内側に3つの合計4つのポケットが搭載されています。

外側のポケット(チャック付き)

外側のポケットは厚みは無いものの、間口の広いポケットとなっていて、大きいものでも出し入れしやすくなっています。

mono-Xの外側のポケットとiphoneの画像2

このポケットには、ケーブルなどのかさばるものより、メモ用紙や、SDカードなどの薄いものを入れると良いかもしれません。手帳ケースでなければ、iPhoneだって入れられます。

内側のポケット(チャック付き)

内側のチャック付きポケットはゴムバンドによって、中で区分けされています。

mono-Xの小さいポケットの画像2

真ん中のゴムバンドの区切りは、USBメモリ用となっています。小さいUSBメモリも、ゴムバンドで固定されているので、欲しいときにいつでも取り出せます。

内側のポケット(メッシュのポケット)

内側のチャック付きポケットの外側には、メッシュで作られたポケットが2つついています。

mono-Xの小さいポケットの画像

イヤホンのコードや、micro-USBのケーブルを入れたりするのに使えます。

ヨフ

中身が一目で分かるから、どのケーブルがどこにあるのか迷わなくて済みます!

内側のポケット(大きいサイズ)

内側の半分は、サイズ調整することが出来きる、大きなポケットがついています。

mono-Xの大きいポケットの画像

マジックテープが両端についている板で仕切られていて、簡単に間隔を変えられるので、色々なものを収納できます。

ヨフ

半年以上使っていますが、マジックテープは全くへたってないですよ!

mono-Xをおすすめできる細やかなポイント

まちがひろい

チャックを開けた内側の大きいポケットは、まちがひろくて深さのあるおおきなものを無理なく入れることができます。

高級感のある見た目

LiberFlyer mono-Xは部分的に革が使われていて、アクセントのきいた高級感のある見た目に仕上がっています。

また、安物に多い「糸のほつれ」が全くなく丁寧な高級感のある仕上がりになっています。

ヨフ

ジッパーも引っ掛かることなくスムーズに動くのでストレスになりません!

しっかりとした丈夫な作り

丁寧な作りになっている上、生地自体が分厚くしっかりしているので耐久性が非常に高いです。

また、内側の生地にクッション性があるので中に入れているものを保護してくれます。

mono-Xの少し残念だと思うポイント

ヨフ

僕が実際に半年間使ってみて、少し残念に思ったポイントを紹介します

非常に使いやすいガジェットポーチLiberFlyer mono-Xにも一つ残念なポイントがありました。

それは、上で紹介した一番大きいポケットの部分にあります。

このポケットはMacの電源などの大きな物も入れる事ができるのですが、チャックを開けると同時に、物が落ちてしまうことがあるのです。

仕切りとは別にゴムバンドがあるか、チャックで蓋をできる構造なら最高だったのですが、、、

LiberFlyer mono-Xレビューまとめ

本記事では、「【LiberFlyer mono-Xレビュー】ゴチャゴチャしたケーブルをおしゃれに収納できるおすすめガジェットポーチ!」についてレビューしました。

LiberFlyer mono-Xは安いのに高級感があってポケットの数も多い、非常に使いやすいガジェットポーチです。

身の回りの電子機器が増え、ケーブルや充電器を色んな人が持ち歩くようになってきて、ガジェットポーチの需要は高まってきています。

ヨフ

これを機に買ってみてはいかがでしょう?

ガジェット好きのヨフ(@yohu_blog)でした!