初心者向け解説

【自作PC】マザーボードとは?マザーボードの見方や規格を解説!

こんにちは。ヨフです

僕は自作PCの製作をおすすめしていますが、パソコンは、色々なパーツで構成されています

今回は、その中でも【マザーボード】について解説します!

マザーボードとは?パソコンの中心部!

パソコンにはメインとなる大きな基盤が一枚入っています。それがマザーボードです

マザーボードは、パソコンの中心部となる基盤のことを言います。パソコンには多くのパーツがありますが、全てこのマザーボードの上に組み込まれ、動作しているのです!

マザーボードには、大きさなどの外観的種類だけでなく、【チップセット】【拡張スロット】など、ものによって大きく性能や機能が変わります。

また、マザーボードに他のパーツが搭載されていくため、相性の問題が出やすいパーツでもあります。購入の際は、相性に注意しましょう

チップセットとは

マザーボード上でCPUやメモリ、拡張スロットや各種端子などの間で行き来するデータを中継する集積回路のこと。人間でいう中枢神経にあたるような存在です

マザーボード上の部品の名前と役割

マザーボードにはCPUソケット以外に、メモリのソケット、各種端子やICなど多くの部品が搭載されています。これらの部品の名称と役割について解説していきます

No. 名称 簡易解説
I/Oインターフェース USBやLAN、オーディオ端子や映像出力端子などの外部端子です
PCケース用端子 PCケースのフロント部にある、USBやオーディオ端子などを接続する端子です
コネクタピン PCケースの電源スイッチや、装飾のLEDなどを接続する端子です
S-ATA(シリアルATA)端子 DVDドライブなどの光学ドライブや、HDD,SSDを接続する端子です
3.0USB端子 USB3.0端子のケーブルを接続する端子です
ATX電源コネクタ マザーボードの電源用ケーブルを接続する端子です。最近は24ピンのものが多いです
補助電源用コネクタ CPU用の補助電源ケーブルを接続する端子です。4ピンだったり8ピンだったりします。
CPUソケット CPUを取り付ける用のソケットです。ここにCPUを取り付け、その上にCPUクーラーを取り付けます。
メモリースロット メモリーを取り付けるようのスロットです。
PCI Express x1 スロット PCI Express x1の拡張ボードが取り付けられます。
PCI Express x16 PCI Express x16の拡張ボードが取り付けられます。主に最新のグラフィックボードなどを取り付けます。
PCI Express x16(x8仕様) PCI Express x16の見た目で、同様の拡張ボードが挿入できますが、PCI Express x8で動作します
PCI Express x16(x4仕様) PCI Express x16の見た目で、同様の拡張ボードが挿入できますが、PCI Express x4で動作します
チップセット ヒートシンクの中に、チップセットと呼ばれるLSI(集積回路)が入っています。マザーボードの心臓とも言えるものです
M.2コネクタ M.2端子用コネクタです。M.2タイプのSSDの接続などに使用します。
U.2コネクタ U.2端子用コネクタです。U.2タイプのSSDの接続などに使用します。

マザーボードの種類!【ATXやMicro ATX】の違いとは?

マザーボードにはいくつかの規格があり、それぞれ大きさや拡張性などが違います。細かくは下の表の通りですが、初心者はATXMicro ATXだけ覚えておいたらOKです

規格名 大きさ 簡易解説
Extended ATX 330mm x 305mm 「E-ATX」と呼ばれる事が多い、Intel社提唱の規格。一番大きな規格で、拡張性が最も高いのが特徴。、本来は個人用ではなくサーバーなどに用いられる規格です。
ATX 244mm x 305mm 一番普及している標準的なサイズで、Intel社提唱の規格。フルタワーやミドルタワーのパソコンに最適。
Micro ATX 244mm x 244mm ATXを少し小型化したIntel社提唱の規格。自作PC業界では、ATXに並んでよく使用される規格で、ATXより拡張性は劣るものの、省スペース、低価格が売り。
Flex ATX 191mm x 244mm Micro ATXを更に小型化したIntel社提唱の規格。キューブ型、ブックシェルフ型のパソコンに使用され、拡張性を抑え、とにかく小型化されている。一般的にはあまり出回ってない
Mini ITX 170mm x 170mm VIA Technologies社提唱の規格で、非常に小型化されているのが特徴。自作PCで稀に使用されるが、大きさの問題で制約が多いので初心者は避けることをおすすめします
Nano ITX 120mm x 120m VIA Technologies社提唱の規格。このレベルまで来ると最早ネタかと思うほど小さい。
Pico ITX 100mm x 70mm VIA Technologies社提唱の規格。このレベルまで来ると最早ネタかと思うほど小さい。

ATX

マザーボードの規格の中で最も標準的的な規格。Advanced Technology eXtendedの頭文字を取ってATXとつけたそうです。(少し強引な気もしますが…)

基本的に【244mm x 305mm】のサイズですが、拡張性を少し削って若干スリムにしたタイプのものもあります。名称は総じてATXです。

ミドルタワーやフルタワーのパソコンに使用され、USB端子やPCI Expressスロットなど、殆どのインターフェースを全て搭載しています。

メモリースロットを4本、拡張スロットを6~8本搭載しているものが多く、拡張性に優れています。また、基盤が大きいためCPUクーラーやグラフィックボード搭載時に、大きさの制約に悩むことが少ないです。

Micro ATX

ATXより一回り小さい規格で、主にミニタワーのパソコンに使用されています。ATXより拡張性は落ちますが、その分小型化されていて比較的安価で手に入ります。

ネットサーフィンやYouTube等の動画視聴がメインの性能のあまりいらないパソコンに向いています。

メモリースロットを2~4本、拡張スロットを3~4本搭載しているものが多いです。

PCケースもマザーボードに合わせて小さくできますが、CPUクーラーやグラフィックボードなどのパーツがケースに干渉しないよう注意しましょう

フルタワーやミドルタワーのPCケースにも取り付けられますが、小さいというメリットが死んでしまうのでおすすめしません。

まとめ

マザーボードについての知識は広がりましたか?マザーボードは他のパーツの土台となるパーツです。そのためマザーボードの選定を失敗すると「相性が合わなくてパーツが使えない」という事態が発生したり、PCケースに入らなかったりします。

マザーボードを選ぶ際には、他にも見る点は沢山あります!失敗しないよう、しっかり勉強してから買いましょう!

またねっ!