パーツ解説

【自作PC】CPUとは?【Intel】と【AMD】2大メーカーの違いや種類を解説!!

こんにちは。ヨフです

僕は自作PCの製作をおすすめしていますが、パソコンは、色々なパーツで構成されています

今回は、その中でも【CPU】について解説します!

CPUって何?CPUはパソコンの頭脳

CPUは、【Central Processing Unit】(中央処理装置)の略で、人で言う頭脳の役割をになっています
具体的には、OSやアプリケーションなどのプログラムの処理、つまりパソコン全体の処理をしています

CPUはパソコン全体の処理を行っているパーツなので、CPUの性能が良いのと悪いのではパソコン全体の動きに大きな影響をもたらします

因みに一口にCPUといっても、メーカーから多くの製品が販売されているんです

今回は、2大CPUメーカー【Intel】【AMD】から販売されている代表的なCPUの種類と、CPUのスペックについて解説します!

Intel製CPUの種類や性能、特徴について

「Intel入ってる」のCMでお馴染みのメーカーですね!
多くの人が知っているメーカーではないでしょうか?

Intel製CPUの種類

Intel製CPUにはいくつかの種類がありまが、現在は [Core i7] [Core i5] [Core i3] [Pentium G] [Celeron] あたりが主流となっています

これらのCPUの関係は非常に分かりやすく、「高ければ高いほうが高性能」となっています

なので、予算や用途に応じて決めるといいでしょう

最も安価な[Pentium G][Celeron]でも、ネットサーフィンやOfficeソフトの使用などには十分な性能を持っています

逆に、3Dグラフィックのゲームや動画編集など、負荷の高い作業をしたい場合は、 [Core i7] [Core i5]を選ぶといいでしょう

Intelは他にも[Core i9]や[Xeon]など超ハイスペックなCPUも販売していますが、一般利用ではまず必要ありません

Intel製CPUの世代とは

IntelのCPUには「世代」があります

「世代」とは、年々新しい製品がでてくるCPUを古いものから新しいものまで、分けるために使われます
具体的には、第1世代~第8世代まであり、数字が大きいほうが新しくなっています

一覧表は下記の通り

世代 発表年 名称(マイクロアーキテクチャ) CPUソケット
第1世代 2008年 Nehalem (ネハレム) LGA1366
LGA1156
第2世代 2011年 Sandy-bridge (サンディーブリッジ) LGA1155
第3世代 2012年 Ivy-bridge (アイビーブリッジ) LGA1155
第4世代 2013年 Haswell (ハズウェル) LGA1150
第5世代 2015年 Broadwell (ブロードウェル) LGA1150
第6世代 2015年 Skylake (スカイレイク) LGA1151
第7世代 2017年 Kabylake (カビーレイク) LGA1151
第8世代 2018年 Coffeelake (カフィーレイク) LGA1151
第9世代 2018年 Coffee Lake Refresh-S
(カフィーブレイクリフレッシュ-エス)
LGA1151

つまり、「新世代の[Core i5]が旧世代の[Core i7]より性能が良い」なんてことが起こるんです!もちろん新しいほうが性能は良いです

「i7はi5より必ず性能が良い」という先入観を持って購入すると、失敗するので気をつけましょう!また、世代によってCPUソケットの形状も違うので、注意しましょう

現在(2019/01/11)は、第6世代~第8世代あたりのCPUが主流となっています

Core iシリーズの世代の見方

世代 見方
第1世代 Core i3、5、7の後ろの数字が3桁 Core i7-960
第2世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が2 Core i7-2600
第3世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が3 Core i7-3770
第4世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が4 Core i7-4770
第5世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が5 Core i7-5775C
第6世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が6 Core i7-6700
第7世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が7 Core i7-7700
第8世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が8 Core i7-8700
第9世代 Core i3、5、7の後ろの数字の先頭が9 Core i7-9700

第1世代は例外ですが、その他の世代に関しては後ろの4桁の数字の先頭の数字が、世代と同じ数字になっているので分かりやすいです

AMD製CPUの種類や性能、特徴について

一般的な知名度はあまり高くはないCPUメーカーです

AMD製CPUは全体的に高いコストパフォーマンスを誇るものの、以前はIntel製CPUよりも処理能力に劣る傾向がありました

しかし、2017年に登場した高性能モデル「Ryzen」シリーズは、Intelの「Core i」シリーズに匹敵するパフォーマンスを発揮!これにより、「AMD製品はIntel製品より劣っている」という認識を見事に覆したのです!

近年勢いの増してきているメーカーです!!

AMD製CPUの種類

AMDの主流の製品は、上にも書いたとおり「Ryzen」シリーズです

Intel製のCPU「Core i」シリーズと同じく、名前に続く数字で性能が分かります

こちらのCPUの関係も非常に分かりやすくなっており、高性能なものほど高価格です

「Ryzen」シリーズは大きく分けて「Ryzen 7,5,3」の三種類あり、それぞれIntelの「Core i 7,5,3」の性能に相当します

それでも、Intel製のものより価格は低いため、とにかく安価に自作PCを作りたい場合に選択するといいでしょう

「Ryzen」シリーズにはその他に、上位モデルの「Ryzen Threadripper」があります
また、「Ryzen」シリーズより前のシリーズとして、AシリーズやFXシリーズがあります

AMD製CPUの世代とは

世代 発表年 名称(コードネーム) GPUの有無
第1世代 2017年3月 Summit Ridge 無し
第2世代 2018年2月
2018年4月
Raven Ridge(下位モデル)
Pinnacle Ridge(上位モデル)
APU
無し

AMD製CPU「Ryzen」シリーズにも「世代」があります

CPUには、グラフィックの機能を持つ「GPU」を内蔵したものと内蔵されていないものがありますが
AMD製は、GPUを搭載しているCPUのことを【APU】と名付けていて、表の通り全ての「Ryzen」がAPUではなので気をつけて下さい

AMD製CPUの世代の見方

世代 見方
第1世代 Ryzen 3、5、7の後ろの数字の先頭が1 Ryzen 7 1700
第2世代 Ryzen 3、5、7の後ろの数字の先頭が2 Ryzen 7 2700

Intel製CPU「Core i」シリーズと同じように、4桁の数字の千の位が世代を表しています

まとめ

Intel製のCPUとAMD製のCPUではそれぞれ長所と短所があるので、どちらを使うかは自作PCを作っている人の好みの問題が大きいですね

初心者はIntelがおすすめですが、購入の際はそれぞれのメーカーのCPUソケットと互換性がないので、注意しましょう!

またねっ!